ブランド品をお店に持ち込む前にやっておきたい事とは

付属品を全て用意する

ブランド品をお店に持ち込んで買取してもらう際にはいくつかの注意点がありますが、事前にやっておきたいことの一つが付属品を全て用意するということです。ブランド品は購入する際に様々なものが付属していますが、それらの付属品の有無によって査定金額も大きく変化することがあるのです。ギャランティカードや保証書などは忘れずに持っていく人も少なくありませんが、特に注意したいのは箱や保存袋です。一般的な商品であれば捨ててしまうようなこれらの付属品も、ブランド品の買取の際には重要なポイントとなります。また、アクセサリーや腕時計の場合には細かなパーツや鑑定書なども重要な付属品となるので忘れずに用意しておくことが大切です。

出来るだけ見た目を綺麗にする

しばらく使っていなかったブランド品というのは、どうしても埃や汚れが目立つ場合が少なくありません。そんな状態ではお店に持ち込んでも査定額が低くなってしまう可能性があるため、出来るだけ綺麗な状態にしておくことが大切です。特に衣服などはシミがあったり臭いがしたりすると査定金額に大きく影響してしまいます。場合によっては買取拒否の原因となることもあります。バッグや財布などは内側まで綺麗な状態にしておくと査定額が高くなることもあります。しかし、汚れを綺麗にしようとして薬品などを使用すると商品を痛めてしまうことがあるため注意する必要があります。特に宝石やアクセサリーは取り扱いが難しいので素人は下手に綺麗にしようとしない方が良い場合もあります。